読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学受験は家族の「歴史」です。

本人の意思とは関係なく始めた中学受験。でも、それがいつの間にか家族全員の共通目標となる。だから、中学受験は、家族の歴史の貴重な1ページになるはずです。中学受験真っ只中の皆さんに、何か役に立つ情報を発信していきたいと思います。

受験ハウツー本

最近、安浪京子さんの本を読みました。

 

「中学受験 6年生からの大逆転メソッド」

 

受験ハウツー本としては、若干変わった内容で、面白かったです。

 

「塾を上手く使いこなす」といった感覚は普通持っていないでしょう。

 

「指導料1時間2万円 3年待ち」といった宣伝文句には、若干引いてしまいますが、たかだか1,620円の本から、何らかのヒントが得られるのであれば安いもんです。

 

 

世の中に受験ハウツー本はたくさん出回っていますが、私が参考にしていた本と言えば。。。

 

 

吉田たかよしさんの「有名中学に合格した子の親がやっていること」で、親子でクセ付け。

 

 

西村則康さんとSS-1代表の小川大介さんの「中学受験 基本のキ!」や、「もう悩まない中学受験」などは、テクニック的なところ、大手塾の情報などが参考になるでしょう。

 

 

学校情報などは、おおたとしまささんの本を参考にさせていただきました。

 

 

大学入試が大きく変わることもあって、今春の中学入試問題にも変化が出ています。

 

各学校が教育内容を変えようとしているので、入口である中学入試の出題も、「私の学校の授業についてこれますよね」というメッセージが表れるものとなってくるのだと思います。

 

 

塾に通わせてるだけ、テストが返却されたら点数・偏差値の確認だけでは、わが子は絶対に伸びません。

 

程よく、親が関与してあげないといけませんね。

 

 

では、また。