中学受験は家族の「歴史」です。

本人の意思とは関係なく始めた中学受験。でも、それがいつの間にか家族全員の共通目標となる。だから、中学受験は、家族の歴史の貴重な1ページになるはずです。中学受験真っ只中の皆さんに、何か役に立つ情報を発信していきたいと思います。

東大合格者2019 & SPICA

今年も学校別の東大合格者数ランキングが発表になったので、来春の中学入試に影響がありそうな点をいくつか。

 

 ・開成、聖光の合格者増、現役合格率増

 ・麻布が100名の大台に乗せた

 ・聖光が灘を抜いた

 ・渋幕、駒東の復活

 ・巣鴨、世田谷の躍進

 ・豊島岡がJGを抜いた

 ・聖光と栄光の差が広がった

それ以外にも、今年の開成の中学入試の追加情報としては、入学辞退者増(筑駒だけでなく、渋幕・聖光を入学先に選んだ(地元回帰)ケース増)

 

あと、来年の開成の合格発表場所は、新たな場所になります。

4月8日から体育館の解体工事が始まり、高校校舎建替え工事が本格化するためです。

正門入って右側の体育館1階ピロティからどこに変わるんでしょうね。

 

 

東大合格者が増えた学校は現役合格者数が軒並み増なので、来年は合格者数が落ちる可能性があります。

しかし、東大合格者数を増やした学校は人気が出そうですね。

 

 

そんなことから想像すると、来春の中学入試の偏差値動向、受験生の層(楽々合格層、合格確率50%層、チャレンジ層)の構成が変わる(チャレンジ層の増減)、といったことが考えられます。

 

 

さて、東京・自由が丘に、SPICAという塾があります。

「上澄みのさらに上澄み」といった頭脳を持ったお子さんしか入塾できない早稲田アカデミーの別ブランドの塾のようです。

 

早稲田アカデミーには、ExiVという難関校向けの都内に5つの校舎しかない塾も存在していますが、SPICAは自由が丘1校舎のみ。

 

登場して今年で3回目の中学受験生を送り出したのですが、その合格実績は、早稲田アカデミーの合格実績を間違いなく押し上げています(笑)

 

 筑駒 5→8→20

 開成 14→16→31

 灘  6→9→20

なお、小6の在籍者数は、31→40→54

 

ちなみに、早稲田アカデミー全体の過去3年の合格実績は、

 筑駒 28→33→39

 開成 95→93→103

 灘  28→34→39

 

筑駒・開成・灘の3つの合格を勝ち取る「三冠王」も相当数いる塾です。

開成は「滑り止め」とか言う噂も。

 

 

この3校の合格実績だけで見れば、SAPIXを断然上回る塾なのは確かです。

ただ、注意しなければならないのは、早稲田アカデミー在籍者だけでなくSAPIX生も「ダブルスクール」で通う塾なのだそうです。

 

料金も高めで、そもそも月額ウン十万円も拠出できる家庭にしかご縁のない塾かもしれませんが・・・ いいなぁ。

 

 

それよりも、目の前の次男の「国語」をどうにかしないと。

国語は大学入試改革を踏まえて「長文化」してますからね。

 

 

では、また。

駒場東邦

昨日23日の夕方、駒場東邦のスキャンダルと校長更迭が報道されました。

 

いわゆる「文春砲」です。

 

駒場東邦中の試験は来週ですよ。。。

 

駒場東邦中を第一志望として頑張ってきた小6生と親が可哀そうです。

 

このまま駒場東邦を第一志望とするのか、それとも他校に変更するのか。

他校に出願するなら、早稲田中は既に〆切っている、海城中はまだ出願できる。

でも既に駒場東邦に受験料は払い込んでいるし。

報道のことは息子には黙っておいて、受験させるしかない?

どうしたらいい・・・

 

 

そんな簡単なことではありません。

私立中の出題内容は、高校受験や大学受験よりも、学校によって大きく異なります。

だから親子で第一志望校に備えて準備してきたのです。

この時期になって、志望校を他校に変更するなんてできないのです。

 

 

そもそも、こんな時期に報道する文春側の姿勢を疑います。

自らの注目しか考えていないと受け取られても仕方ないでしょう。

 

ネタを文春に売り込む方も売り込む方です。

売り込むと一ネタで何百万円もらえるとか噂されますが、金目当てですか?

 

 

昨日の報道を見て、来年受験の我が子の志望校で、こんな報道が試験直前に出たらどうする??? 色々考えさせられます。

 

 

さて、以前から、駒場東邦の凋落ぶりは少し心配していました。

 

駒場東邦はどこの塾でも近年偏差値が下落傾向で、ここ2、3年はズルズルと下落しています。

 

   サピックス 61(2014年)→58

   四谷大塚  68(2013年)→64

   日能研   68(2012年)→64

 

早稲田大も国立大も狙える早稲田中が「ハイブリット」校として人気で、駒場東邦から受験生が流れている、という分析もあります。

 

偏差値が下がってくると、入学して6年後の大学合格実績も芳しくないことが予想されてしまいます。

 

毎春の東大合格者実績は、翌年の私立中学受験に影響を及ぼすのですが、駒場東邦は82名の合格者を出した2015年からズルズルと数を減らし、昨年は47名。

早稲田、慶応の合格者も減少気味。

どれも現役合格者が減少しているのが気になります。

 

 

出願者についても、昨年は2012年の7割程度まで落ち込み、さらには、実質倍率も2017年入試から2倍を下回っています。

 

以前、専門家が言っていましたが、「実質倍率が2倍を下回ると入学者のレベルも下がり、もはや難関校と言えなくなる」そうです。

 

駒場東邦はこの3月で校長が交代するそうですが、新しい校長の方針次第で先生の顔ぶれも結構変わることが予想されます。

現在の校長に代わってからがそうだった海城中のように。

 

今回で膿を出し切って、駒場東邦が本質的に変わるといいですね。

 

 

そして、サピックスは、入塾する生徒が増えて、新規募集停止の校舎がさらに加わっています(武蔵小杉や大井町などが追加)。

 

 

ますます過熱する中学受験と大手塾。

 

そして、危機管理能力が欠けた私立中という「裏の顔」。

 

危機管理能力の乏しい校長がいる学校は、「文春」が狙っているでしょうね。

 

 

昨日今日と色々考えるところがありました。

 

 

では、また。

新学年

今日は埼玉の栄東中に6,000人前後の受験生が試験に挑みました。


長男も、2年前の今日、栄東中の試験を受け、受験本番がスタートしたことを昨日のことのように思い出します。



頑張って、6年生!



一方で、この時期は、新6年生はじめ各学年で新学年組み分けテスト、入塾テストが行われる時期でもあります。


サピックスの一人勝ちは毎年のことですが、最近はさらに入塾希望の子(本当は親)が多く、入れない校舎が複数出ていて驚きます。


校舎が足りない、講師が足りない、そんな理由から、最寄りサピックス校に我が子を入れたくてもキャンセル待ちなのだそうです。


長男が通って次男も通うサピックス校なんて、ひと学年20クラス前後。

ひと学年で軽く300人越え。

まるで、私立中の一学年が存在する感じです。


サピックスは他塾に比べて進度がめちゃくちゃ早いけれども必死についていける子供が多いから、学力が高い⇨難関校に数多く合格、という結果になっているので、やはり他塾よりは難関校に入れる可能性は高いと言えます。

だから、親としては我が子の可能性を信じ、入塾させたくなる。



そんなサピックスは、難関校を目指すのであればアルファベットクラスにいたら厳しいため、αクラスを何が何でもキープする、そんな感じの塾で、親子で頑張らないといけません。


これから入塾を考えている親御さんも、アルファベットの下位クラスとαクラスでは、教材は一緒でも授業内容が違うことを知っておくべきです。

やる内容、やる問題が異なります。


だから、アルファベット下位クラスからαクラスに這い上がるのは親子共々険しい道のりになるので、入塾時はできるだけ上位のクラスに入れるよう準備が必要なのです。



さて、新6年生の次男はどのクラスに入れるのでしょうか。


現時点の第1志望校から第3志望校をサピックスに提出したばかりです。


親子で一年後を考えるとドキドキします。



では、また。

中高一貫校とは

 

我が子が開成中入学後2回目の文化祭に参加して、親があらためて感じたことです。

 

どういうことかというと、中学生が文化祭のシフトに手伝いで入って先輩の高校生と交わる、文化祭終了後、部活の先輩達と一緒にファミレスで夜遅くまで夕飯食べる、そんな「縦」の繋がりが普通に存在するのが中高一貫校の良さだなぁ、と再確認したわけです。

 

 

さて、来春の入試に向けた学校説明会が本格化していますね。

 

我が子は受験するとしたら再来年ですが、長男の時同様、5年生のうちから多くの学校説明会に、親単独で足を運んでいます。

それは、行きたい(行かせたい)第一志望の学校だけでなく、第二、第三志望の学校の絞り込み、さらには、万が一、失速(成績下降)して志望校を変更する際に備えて、という側面もあります。

 

今年も10校前後は親単独で参加すると思います。

 

 

参加すると、校長先生のカラー、生徒の雰囲気、先生と生徒の関係などなど、学校による違いが分かります。

天才が入る学校と秀才が入る学校の違いみたいなものも分かってきます。

 

 

とある学校の校長先生が、説明会において、こう仰っていました。

 

 

   「生徒たちがワクワクする学校にしたい。」

 

 

これに勝る言葉は無いと思います。

 

先生たちが、ワクワクさせる「仕掛け」を授業で部活で提供して、生徒たちがそれにまんまとハマる、そんな学校に行かせてあげることができれば、ベストな学校選びになると思うわけです。

 

そして、そういう点が、先生に差が出てしまう公立中高ではなく、私立中高一貫校の強みなのです。

 

 

では、また。

通知表

中学入試の学校説明会が本格化する時期を迎えました。

 

先日、海城中の説明会に行ってきましたが、「おやっ?」と感じたことがありました。

 

インターネット出願とは別に、郵送で「通知表」のコピーを提出しなければならなくなったようです。

 

合否には関係ない旨の説明はあったかと思いますが、やはり気になります。

 

海城中も、現在の校長先生が3年前に就任して以来、先生方も結構入れ替わり、改革の最中です。

 

となると、入学するであろう生徒についても、通知表の「所見」に担任が書いた内容によっては、合格をお断りする…ということも考えられなくはないです。

 

要は、勉強はできるが生活態度がちょっと…というお子さんは遠慮願いたい、ということでしょうか。

 

最近は、通知表の提出を求める学校は減ってきているとはいえ、筑駒や桜陰ではまだ提出が必要です。

 

学校側としても、2020年から行われる大学入試改革に向けて、求められる学力を身につけられているか、入試問題で判断しようとしています。

 

さらには、グループで討論をしても、自分の意見だけ主張するのではなく、他の人の意見も聞いて、自分の頭で問題を解決する方法を考える、さらには学習した内容を自分でまとめ、理解し、それを他の人がわかるように説明する、そういった学習姿勢のある子ができるだけ多く欲しい。

 

となると、出題内容に対する回答だけで、それを判断するのは極めて難しい。

 

 

通知表等を利用して、小学校の活動に真剣に取り組んでいたか、塾に追われて不規則な生活を続けた結果、遅刻や休みが多くないか、そんな点でボーダーラインの子の合否を判断するのではないでしょうか。

 

 

中学受験が本格化すると、我が子の学習態度や出席状況は疎かになりがちですが、最低限のこと、当たり前のことは、「やろうね」と親が伝えるべきですね。

 

では、また。

スマホとTA

スマホとTA???

 

スマホは分かりますが、TAとは?

 

 

TAは、ティーチングアシスタント制度(学習支援)のことです。

 

 

開成中でもTAが存在します。

成績の芳しくない科目がある生徒については、学校からTAの「ご案内」が届きます。

 

我が子も、ある科目がTA常習です。

今年は開成OBの現役医学部生がTA担当で、雑談が面白いようですが、それよりも成績上げてくれよ、という親の願いは届いているのかどうか。

 

開成は面倒見の悪い学校と言われていますが、最近は、TAのように、全体的な底上げを図ろうとしています。

他の私立校、日比谷高などの公立校が進学実績を上げているので、面倒見が悪いままではいけないということでしょう。

 

 

でも、これだけは言っておきます。

開成は、決して面倒見が悪いとは思いませんよ。

先生よりも先に先輩が面倒見てくれますから。

 

 

さて、常習と言えば、スマホ

 

開成でもスマホについては問題となっています。

 

中2の「学年だより」では、生徒一人一人のアンケート結果が示され、1日にゲームやスマホで2時間以上費やしている生徒の中には、実際は4~5時間以上費やしている者もいるとの結果が出ています。

「依存症と言わざるを得ない」状態です。

 

スマホやゲームに費やす時間が増える傾向にあり、その結果、成績不振者の増加に至っているとのコメントまであります。

 

先日、ゲームのやり過ぎで日常生活に支障をきたすゲーム依存症が「ゲーム障害」として国際的に疾患としてWHO(世界保健機関)が認めました。

厚生労働省の調査では、成人約421万人、中高生約52万人がゲームなどのネット依存の恐れがあると推計しています。

 

開成でさえ、行き帰りの電車の中や自宅だけでなく、授業中もスマホでゲームをしている生徒がいたり、複数のスマホを所有し、親、先生の見えないところでゲーム等のためのスマホを使用しているなどの指摘があります。

 

 

しかしです。

電車の中を見ても、人生の先輩でもある大人はスマホを操作している人ばかり。

活字を読んでいる大人はどれくらいいるでしょうか。

優先席に座ってスマホでゲームをしている親もいます。

食事中もスマホをいじりながら食事をしている。

びっくりです。

 

 

子供に対して、スマホ、ゲームについて小言言う前に、大人、親が同じことをしていないかどうか振り返ることも必要ではないか、と思うところです。

 

 

その上で、我が子ときちんと向き合う。

 

そういう親子関係でありたいものです。

 

 

では、また。

日大アメフト部

この1ヶ月間、日大アメフト部の問題でテレビ、新聞、ネット上、話題に事欠かない状態でした。

 

皆さんは、どう思われたのでしょうか。


私は、
  ①「昭和」の部活の指導方法が、未だに当たり前に思われていたこと
  ②今の日本に漂う「無責任」の現象
  ③大人が子供を見殺しにしたという前代未聞の事態
という感想を持っています。

 

本当は、「自分の意見を大人に言える子がいなかった」と追加したかったのですが、「退部(もしかしたら退学)」が頭にチラつくと発言できない彼らの心を考えると躊躇しました。


さらに思うに、大人が「他人のことを考えられない」という根本的な問題にも危惧しています。
SNSが普及した結果、エビデンスもあるのですが、「共感できない」子供、大人が増えているのは確かです。

 

ネット上でも話題になっていますが、「星野くんの二塁打」という1988年の本があります。
小学校の道徳の授業でも取り上げている教科書もあります。

 

道徳の教科書では、「先生の指示に従うべき」でまとめられていますが、原作のその後は違います。

これを題材に、親子で意見交換してみるといいですね。

 

「自分で考えて、意見をまとめることができて、相手に伝わるように話すことができる」とう練習になると思います。
また、親として、子供にどういう考え方をして欲しいか、という指導もできると思います。

 

今回は、「旧態依然とした指導」を題材に、親子でどう考えるか、についてコメントしてみました。

 

「大人の言いなり」の子が、日本を世界を背負って立てると思いますか???


中学受験した子は、この点に気を付けないといけないかもしれません。

 

では、また。